ABOUT MARY

BIOGRAPHY OF MARY QUANT

1934
2月11日 ロンドンに生まれる。
1955
チェルシー キングスロードに最初のブティック"BAZAAR"を開店。ミニスカートセンセーション始まる。
1957
"BAZAAR"2号店をナイツブリッジに開店。
良きパートナー 故アレキサンダー・ブランケット・グリーンと結婚。
1962
J.C.ペニーと洋服・下着のデザインのライセンス契約を結びアメリカ市場に進出。
以後、国内はもとよりヨーロッパ・アメリカより様々な分野のデザイン依頼が殺到する。
1963
"SUNDAY TIMES INTERNATIONAL FASHION AWARD"を受賞、そして"WOMAN OF THE YEAR"に選ばれる。
"GINGER GROUP"を設立。マリーのデザインによる洋服の製造、卸業を世界的な規模で着手。
1964
アメリカ"Maison Branche Rex award(U.S.A.)"を受賞。
1966
化粧品のデザインを始める。MARY QUANT COSMETICSを発表。
ミニスカートの功績により"OBE(英国王室第4等勲章)"をエリザベス2世女王より受賞。
"Piavola d'Ora Award(ITALY)"を受賞。
自伝"QUANT BY QUANT"発行。
1967
"Fellow of the Society of Industrial Artists(F.S.I.A)"に選ばれ、その年のデザイン賞を受賞。
1969
"Royal Designer for industry(R.D.I)"に選ばれる。
イギリス ファッション委員会より、英国ファッションへの多大な貢献が認められ殿堂入り。
1970
インテリア、テキスタイルのデザインを始める。
息子 オーランド生まれる。
1971
3月 マリークヮント化粧品 日本で販売開始。
1972
マリークヮント 初来日。
1973
ロンドンミュージアムにて、特別展覧会"MARY QUANT'S LONDON"開催。
英米国交200年記念委員会委員就任。
1975
イギリスBBCにより"LIFE OF MARY QUANT" 1時間特別構成フィルム放映。
1977
マリークヮント 2度目の来日。
1982
マリークヮント 3度目の来日。
1983
日本向けマリークヮントコレクション(レオタード・タイツ・ソックス・レッグウォーマー)販売開始。
インテリア関係のデザインを集大成した"MARY QUANT AT HOME"をニューヨークで発表。
1984
色に関する著書"COLOUR BY QUANT"を刊行。
1985
フランス プレタ・ポルテ・ファッション連盟から賞を受賞。
1986
メークアップに関する著書"QUANT ON MAKEUP"をイギリスで刊行、大反響を呼ぶ。
1987
著書"QUANT ON MAKEUP"日本語版刊行。発表のため来日。
1989
メークアップに関するビデオ"MARY QUANT'S STYLE FILE"をイギリスで発表。
1990
イギリス ファッション委員会より英国ファッション産業への貢献をたたえて受賞。
1991
ロイヤル・カレッジ・オブ・アーツの名誉会員。
1996
"LIPSTICK 101 COLOUR"のキャンペーンのため来日。
"CLASSIC MAKEUP AND BEAUTY BOOK"刊行。
2012
著書"Autobiography"刊行。
2015
英国ファッション界への貢献により、DBE(英国王室第2等勲章)を叙勲。
2017
83才、英国在住。